+PROLOGUE
2009年9月23日。中国出向に行く知り合いに頼まれロシアンブルーの子猫(雄・2ヶ月)を飼う事になる。名前をトン吉と名付ける。しかし初日で大変なコトを引き受けてしまったと気付く。餌、トイレ、遊び相手…今迄自由気ままに生きて来た自分にとって猫の世話は簡単ではない。ただトン吉の顔を見ていると…当り前ですがそんな無責任な事も言ってられない。そんな訳で折角なので楽しくトン吉との生活をログして行こうかと。
+PHOTO

RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 94日目:有馬記念予想は関係無いロシアンブルーの朝 | main | 97日目:じーっと見つめるロシアンブルー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
96日目:目つきが悪いロシアンブルー
日から休みに入りました。
といっても特にやる事もなく過ごしています。

ロシアンブルーってなんだか表情豊かに思えます。
まだまだ子猫の顔なのですが…
時折オトナっぽく見える時も。。

特に最近は目つきが悪い時が多い。

いや〜コノまま育つとどんな顔になるのか!?
写真は大分態度悪いですDocomo_kao8



JUGEMテーマ:ペット


| ロシアンブルー日記 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 15:40 | - | -









http://nekonek.jugem.jp/trackback/67